スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

壁を乗り越え、ハル3歳になったよ【前編】




9月30日はハルの誕生日でした。

最近日記が書けない状況だったのですがだいぶ落ち着いたので再開します。



9月に入りハルが発作を起こしまして、一時歩けなくなり目が離せない状況が続きました。

さらにいろいろなことが重なり、ハル家夫婦にとって忘れられない月となりました。

「居て当たり前のハル」.. 今回の一件でハルの存在の大きさが身に沁みて分かりました。

3歳を目前に起こった出来事をハル家夫婦いつでも見返せる様に記録したいと思います。





9月1日

この日は発作が起こる前日、家族で寛ぐ一コマです

ソファーの背もたれでクッションに顔を潜らせて寝るハル↓



クッションを覗いてみると こう(笑)

151001_2.jpg

この時はハルが体調を崩すなんて思ってもいませんでした

151001_3.jpg






9月2日

夕方5時ごろ初めての発作.. 病院へ行く準備をしている最中に

立て続けに2回目の発作が起き 急いでホームドクターの元へ


発作の記録をノートにとったり、発作の状況を動画で撮影していますが
今見ても胸が締め付けられるので日記には載せるのはやめます
ノートに取った記録は何時に発作が起きたか、どのように痙攣していったかなど..
後にどうぶつの総合病院の神経科を受診のさい、とても役に立ちました
その他先生には顔はどちら側が引きつっていたか..なども聞かれるくらい..
流石にそこまで見ていなかったので..(というか可哀想で気が動転していて見ていられない)
急に発作を起こした場合でも状況を覚えておくとよい様です



この日は、病院に着いた時にはケロッとしていたので「てんかん」と言う診断で

今後様子を見て痙攣が起きて、硬直が解けない場合に入れる坐薬だけ処方され帰宅..



帰宅後

夜寝る前まで発作は起きなかったのですが、深夜から朝方にかけ

二時間起きに発作が起きました



9月3日朝 ホームドクターの元へ


群発しているが発作が治まると硬直も治りケロッとしているので

抗痙攣薬「ゾニサミド」を処方され帰宅..


帰宅後

薬を服用させました

その後今度は一時間おきに発作.. 硬直はその都度解けていたので坐薬は使用せず


夜23時ごろの痙攣で後ろ足の硬直が解けないので坐薬を入れる..


坐薬を入れても硬直が解けないので、夜間救急動物病院へ電話..

今回の一連を全て説明


直ぐに連れて来るように言われ 硬直したハルをそのままの体勢で抱え救急病院へ


発作が群発しているので、脳が浮腫み、常に脳内がチカチカしている状態とのこと

硬直が解けないのはそのせい、もしくは脳圧で脳に障害が起きている可能性もあるとのこと


緊急処置

一度眠らせグリセオールを点滴し、脳圧を下げる処置をして一回

脳を完全に休ませるということになりました

そして徐々に目を覚まさせるのですが、覚めた後も硬直が解けなかったり

発作が起きる可能性があるとのことで、一度目を覚ましたのですが

この日の朝ホームドクターが開院する時間まで、また人工的に昏睡状態にする

みたいな処置をしていただきました


こちらが処置が終わった診察台の上のハルです↓

151001_4.jpg

昏睡状態なので、舌が喉に詰まらない様に引っ込んで来たら引張出し

適度な高さにアゴ枕を敷きハルが目が覚めるまで自宅で見守ることになりました

151001_5.jpg








救急病院から帰宅直後のハルです↓  AM3:00



目が覚めても障害が残っていたらどうしよう..

元気ないつものハルに戻れる様に祈る気持ちで見守った長い夜でした..








この日のお昼まで目が覚めなっかハルです..

目覚めたばかりの時はなかなか動かなく 目が開いてるだけ..



しばらくしたらお水を欲しがったので嬉しくて動画を撮影しました↓



まだ睡眠薬が効いているので少ししか動けません..



この後3杯もお水を飲んだハルです

そしてフードも一生懸命食べました






ベロも徐々に収まり、少しずつハルらしさが戻って来るのです

151001_6.jpg

151001_7.jpg



その後、発作は起きずハルらしさは戻って来るも後ろ足は動きません..

おしっこは垂れ流し、ウンチは出ず..


ホームドクターの元へ 救急の一連を報告

どうぶつの総合病院で神経科専門のドクターに見てもらうことになり

MRI検査の予約と坐薬を追加でもらって帰宅





その後は付きっ切りで過ごします

おしっこは点滴の影響で垂れ流し、ウンチは自然に押し出されます



ごはんは一粒一粒ですが、流石キャバ、食事はしっかり取ります(笑)

151001_8.jpg

151001_9.jpg






夫婦ふたり居るときでも、会話は自然と小声になります(笑)

眠れない日々が続きましたが 眠りに落ちても、ハルが動けば

直ぐに起きて様子を確かめるといった感じで夫婦ともにハラハラしてました

151001_10.jpg



もう、本当に発作で苦しむ姿は見たくないですから

151001_11.jpg




9月5日

MRI検査の前に胸部レントゲンを撮りにホームドクターの元へ

ウンチ、おしっこが出ていないので出してもらい、ウンチが出ない場合は

あまり深刻ではないが、おしっこが一日半出来ない場合はまた病院へ行くことになりました




帰宅後、排便がしたいのか、さっき病院でほじくられた刺激なのか

帰宅した途端にに全く動かなかった後ろ足をバタバタさせて(ほぼ歩伏前進で)

トイレに入るじゃありませんか?! 生理現象といいますか 生命力を感じたといいますか

この一件がある前はおウチトイレが出来なく、散歩でしかしなかったのに..

こんな時に、健気にトイレに入るなんて....

涙涙でバスタオルで胴を引っ張って支えてやって 無事排便が出来ました





ハルが発作を起こしてから、何でも手に取りやすいリビングで

布団を敷いて寝る様になりました パパ布団、ママはソファーで




後ろ足は動かないものの、ストーカー精神はみなぎります(笑)

ママがキッチンに行けば、身を乗り出してこちらを見ます↓

151001_12.jpg








9月6日

真っ直ぐ伸びたまま動かなかった後ろ足が曲がるようになりました!

151001_13.jpg



そして、自分で立ち上がる様になりました!↓




まだ歩けませんが ハルにも余裕が出て来た様です(笑)

151001_14.jpg


ハルはまだ自分は歩けない、ココにじっとしていなければならない..

と分かっている様でした

151001_15.jpg

その後、ヨタヨタしながらも自分でトイレに行き

補助しながら排便やごはんを食べたりが出来る様になりました






9月8日には

まだ腰がふらつくものの、もう歩けるから出して〜っと訴えるハルです(笑)

151001_16.jpg


家事をしている間など目を離す時はケージに入ってジッとしててもらいます(笑)

151001_17.jpg







9月9日

待ちに待ったMRIの日です

原因がハッキリせず、この日までいろいろネットで調べたりと

不安な日々が続いていましたので、この日をどんなに待ったことか..

151001_18.jpg




ハルもこの通りお疲れです ハイ..

151001_19.jpg


先生には今回の一連の状況メモと発作に関連しそうな今までのハルの行動のメモを持って行きました




結果は予想していた通り.. といいますか

調べて「そうでないことを祈っていた..」通り

キャバリアには特に多いという 「キアリ様奇形」それに伴う「脊髄空洞症」が

判明しました..

今回の発作はキアリ奇形と関連付けるのは難しいらしく、今回の発作は「てんかん」として診断され

キアリ奇形、脊髄空洞症はこれから観察していく事になりそうです


先生に渡したメモを全部読んでくださった様で、「ハルは小さい頃から耳を掻く癖があった」

と言うのは、脳室が大きい犬種に多いらしい内耳の膿が溜まる部分がうまく排出されていない

ということもMRIで分かりました

まず掻く行動が脊髄空洞症から来ているものなのか、内耳の膿が溜まっていることで掻いているのか

というところで、小さなものから処置して原因を探ると行ったこととなり

10月17日に内耳の手術をすることになりました..







帰宅後のハルは、まだ麻酔も少し残っているのでグッスリでした

151001_20.jpg



でも、目が覚めればこの通り(笑)

151001_21.jpg

元気爆発です..(;´∀`)




因みに、検査で脊髄の髄液を取ったので首の後ろと お尻を剃られちゃいました〜

151001_22.jpg



長くなりましたので「前編・後編」記します〜(汗)

後編は元気いっぱいなハルでお送りします!


この場をおかりして、ご心配いただいた皆様、メールにて応援いただいた方々に

深く感謝致します、ハル家夫婦とても励みになりました。

ハルはお陰様で今は完全復活を遂げています!! ご報告が遅くなりすみませんでした





最後までお付き合いくださりありがとうございます!

では、後編へつづきます〜







いつもありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
プロフィール

haruranranru

Author:haruranranru

ハル♀
キャバリア
ブレンハイム
2012年


性格:ビビリ。
飼い主以外の人のちやほやが大好き。7ヶ月まではストーカー、今ではツンデレです。

ハルまま
ハル中心の生活で、キャバカ。
多趣味で主に手芸が大好き。
ちんぷんかんぷんな中ブログデビュー。

ハルぱぱ
モさっとしていますが一応デザイナー。ブログなどのデザインも時々協力してもらってます。

最新記事
最新コメント
カレンダー
08 | 2015/10 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
FC2カウンター
検索フォーム
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。